相続放棄は大阪市北区のおおぞら共同司法書士事務所へ/相続放棄/大阪市北区/司法書士

おおぞら共同司法書士事務所
相続放棄
相続放棄とは?
相続放棄とは、相続財産の全て(プラスの財産もマイナスの財産も全部)を相続しないことを言います。

相続により取得する財産は、預貯金や不動産・動産などプラスの財産だけではありません。
当然、借金などのマイナスの財産も含まれます。
そのため、被相続人が多額の借金を抱えていた場合、相続人はその借金を返済する義務を負うことになってしまいます。

被相続人の遺産に関し、借金等のマイナス財産がプラスの財産より多い場合には、家庭裁判所で相続放棄の申述手続きをすることで、被相続人の借金を放棄することができます。

相続放棄は大阪市北区のおおぞら共同司法書士事務所へ/相続放棄/大阪市北区/司法書士


相続放棄の手続きの流れ
(ご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。)
@電話・メールでのご相談 電話・メールでご相談下さい。
当事務所・出張での詳しいご相談をご希望の場合は、
希望日時をご連絡下さい。
A必要書類の収集 相続放棄に必要な書類を収集します。
B相続放棄申述書の作成 「相続放棄申述書」を作成します。
C家庭裁判所へ申述 戸籍謄本等を添付して、提出します。
認印と身分証明書が必要です。
D家庭裁判所からの照会 概ね1週間ぐらいで家庭裁判所から質問書が送られてきます。
これに対して回答し、返信します。
E相続放棄の受理 照会書の送付後、家庭裁判所から
相続放棄申述受理「通知書」が送られてきます。
F手続きの完了 相続放棄の手続きが完了します。
家庭裁判所に、相続放棄申述受理証明書の交付請求を行います。

相続放棄は大阪市北区のおおぞら共同司法書士事務所へ/相続放棄/大阪市北区/司法書士



3ヶ月を過ぎてしまった相続放棄
原則として、相続が開始したと知った時から3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。
しかし、3ヶ月経過後に借金の請求が来て、そのときに初めて借金を知ったということもあります。
そういった場合、相続放棄ができる期間を経過した後で一定の要件を満たせば、相続放棄が認められるケースがございます。
ただし、下記のケースは相続放棄が認められません。
1:自分が相続人であり且つ借金があると知っていた。
2:相続財産を処分した。
相続放棄は大阪市北区のおおぞら共同司法書士事務所へ/相続放棄/大阪市北区/司法書士


3ヶ月を過ぎてしまった相続放棄
相続放棄の安心サポート料金 金40,000円(税別)
※1名追加につき金20,000(税別)を加算
※上記費用は、3ヶ月経過後申立の場合には適用されません。
※その他実費発生致します。
お問い合わせ無料お見積依頼、無料相談ご予約はこちらをクリック
お問い合わせ・ご相談無料
  • ご相談・お問い合わせ:0120-130-235
  • ご相談予約24時間受付中!
  • お気軽にご相談下さい!相談無料!
司法書士 門田 全康 (大阪司法書士会会員登録番号3528号 簡裁訴訟代理等関係業務認定712239号)
司法書士 上羽 祐次 (大阪司法書士会会員登録番号3280号 簡裁訴訟代理等関係業務認定612240号)
sp
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • リンク
  • サイトマップ